読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばあちゃんが退院した

おばあちゃんが退院した。
入院したのは2週間前で、軽い脳梗塞での入院だった。幸い軽い段階であったので、点滴治療で済んだけど、今も少しだけ後遺症が残っているらしい。

入院すると決まった時は上の空で仕事をしてしまい、何をぼやぼやしているんだ…とめちゃくちゃに落ち込んだ。ぼやぼやしてしまった自分にも腹が立った。
おばあちゃんはたいへん働き者で、洗濯や料理から、家の周りの草刈り、育てている野菜の収穫まで行っていた。でも、少し後遺症が残っていることもあり今まで通りにバリバリに動くことはできない。

私が本当に恐ろしいと思っているのが、全く動けなくなってしまって殆ど寝たきりになって、そのままうつや認知症になって、周りのことが分からなくなってしまうこと。今年の春に亡くなったおじいさんのように。

幼いときはどこかで、このまま変わらないのだと思っていました。
しかしおじいさんが死に、おばあちゃんもこのようなことになって、変わらないものなど無いと打ちのめされてしまった。うつや認知症になったあとでは、ましてや死んだあとでは何もしてやれません。
ちょっとナーバスになってしまったのですが、今してあげたいと思うことはやれるだけやりたいです。本当に。